任意後見関連の主な内容について


  • 任意後見契約公正証書の利用  

  • 財産管理等委任契約(生前事務委任契約)の利用

任意後見について


後見人を選んでおきたい。
将来、私の判断能力がなくなってしまったときに、私の後見人となってくれる人をあらかじめ決めておきたいと考えています。
どのような手続きを踏まなければならないのでしょうか?

判断能力はあるが、財産管理を支援してほしい。
現在、判断能力には自信があるのですが、体調が悪く、財産の管理をひとりで行うことがすでに困難になっています。
将来、任意後見人になってくれる人に、今から働いてもらうことはできるのでしょうか?